KUBOクボ二本の弦の秘密 BD/DVD限定版の予約 最安値は?

KUBO/クボ二本の弦の秘密 BD/DVD 限定版の予約が最安値は楽天ブックス、セブンイレブン

KUBO/クボ二本の弦の秘密が早くもBlu-rayとDVDで発売が決定!

ストップモーションアニメの長編大作、日本を舞台にした「KUBO/クボ二本の弦の秘密」がブルーレイとDVDで6/2に発売されます。

初回限定版のプレミアムエディションも発売され、豪華ブックレットに特典映像もついて特製アウターケースに収納。

特にスタジオライカの制作風景などが特典映像にいっぱい入っているとうれしいですよね。

楽天ブックスは25%、セブンイレブンは23%オフで予約受付中です。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密 店舗特典つきお店で予約

KUBO/クボ 二本の弦の秘密はプレミアム・エディションの購入で店舗特典つきのお店がいくつかあります。

店舗特典つきがいいという方はチェックしてみてくださいね。

店舗 特典内容
Amazon 早期購入特典:マスキングテープ+ポストカードセット
TSUTAYA TSUTAYA予約特典:ポストカード(5枚セット)
タワーレコード 早期予約特典:プレス、B2ポスター、メーカー購入特典ポストカード(5枚セット)
セブンイレブン メーカー購入特典ポストカード(5枚セット)

豪華特典付!3D版収録のBlu-rayプレミアム・エディションの内容

KUBO クボ二本の弦の秘密限定版

Blu-rayプレミアム・エディションには初回限定で主人公クボの着物柄をデザインした特製アウターケース、プロダクションノートの全文を収めたブックレットを封入。

さらに、本作制作の裏側に迫るメイキング映像収録の特典ディスクが付き、世界最高峰映像工房スタジオライカが起こす魔法の秘密を明らかにする、豪華仕様!

●本編ディスク:2D&3D共通Blu-ray ※一枚のディスクで2D版と3D版再生対応
●特典ディスク:DVD

《本編BD収録》
・トラヴィス監督によるオーディオ・コメンタリー

《特典DVD収録》
・トラヴィス監督によるイントロダクション
・インスピレーションの源
・神話のモンスターたち
・表現への挑戦
・音楽の力
・トラヴィス監督によるエピローグ
・ロケーションについて
・クボと仲間たち
・壮大な物語を作るために
・モンスターの制作
・特殊効果の世界
・タイムラプス制作風景
・予告編集(オリジナル予告編:5種/日本版予告編)
・キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)

クボを見て欲しい3つの理由!

クボを見れば「この人なら絶対に気に入る!」という3つの理由はこちら!

KUBO クボ二本の弦の秘密 img

■『パシフィック・リム』のような日本へのリスペクトがクボにはある

2013年に公開され、日本でも熱狂的なファンを生み出した『パシフィック・リム』。

パシフィック・リム』が日本で愛された大きな理由は、日本の怪獣映画やロボットアニメへの多大なリスペクトを捧げていること。

『クボ』も同じように「日本愛」が、ハンパないです。

『クボ』の監督は黒澤明や斉藤清の木版画を参考にし、日本の風景や衣装にこだわりをもっています。

灯篭流しという文化や“わびさび”という日本独特の概念までもがストーリーに深く関わっているなど、“日本ならでは”の魅力を最大限に推し出しています。

■口コミで広がった『クボ』の評判

2016年、公開の日本のアニメ映画『この世界の片隅に』は、SNSを中心に口コミで広がり、上映館数が当初の3倍以上に拡大して大ヒットしたことが話題に。

『クボ』も、映画を観た人がTwitterでつぶやいて、中には「#一生のお願いだからクボを観て」というとタグも広まり、口コミが拡大。

公開3週目からは首都圏の劇場で満席が相次ぎ、前週比を超える興行収入を記録。

■ジブリを彷彿させるワクワクがクボにはある

『クボ』は“冒険活劇”です。クボのお供には口うるさいサルと、ちょっと間抜けなクワガタ。

彼らが旅の途中で、強大な敵と戦い、時には信頼し合い、時には本気でお互いを心配するという過程などで、ジブリ映画を彷彿させるともいわれてます。

『クボ』には「ワクワク!」「楽しい!」「面白い!」が詰まっており、小さな子供か大人まで楽しめるジブリ映画のような楽しさがあります。

おっさんずラブ dvd 予約の特典つき最安値はセブンイレブンで ドラマ最終回を迎えてしまったおっさんずラブがDVD BOX / BD BOXで発売! 発売日は2018年10月5日に決定! 田中圭、吉田鋼太郎のはちゃめちゃラブストーリーはtwitterなどSNSでも話題爆発! 視聴熱もすごすぎ! ドラマに込められた伏線の解釈のためもう一度じっくりみてみたい人も多いのでは? ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする